お酒が飲めなくても大丈夫!稼げるキャバ嬢になるための方法

お酒を飲めないと稼げないって私も思っていたわ。でもね・・・

キャバクラで働いてみたいけれどお酒が飲めない!と、諦めかけている女の子は多いのではないでしょうか。
お酒が飲めなくてもキャバクラでは働くことができます。あなたの努力次第では、売り上げもしっかり作れるキャバクラ嬢になることができるんですよ。今回は、飲めなくても稼げる理由と6つの方法、飲まないと稼げないお店ついてご説明したいと思います。

目次

飲めなくても稼げる理由について

お酒が飲めなくても稼げる理由とは何なのでしょうか。3つの理由についてご説明します。

1. お酒を飲むだけがお仕事ではありません

キャバ嬢のお仕事は、お酒を飲んで売り上げを伸ばすだけではなく、お客様への接客も大切にしなくてはいけません。
お客様は、居酒屋よりも高い金額を支払って女の子に会いに来ます。それは「一緒に居たい」という気持ちがあるからです。友達以上恋人未満のような雰囲気を忘れずに接客していると、次第とあなたのファンになるお客様はどんどん増えていくでしょう。またお店側も、仕事熱心な女の子には出勤日数を増やしてくれたり、フリーのお客様に付けてくれたりします。「お酒は飲めないけれどしっかりとした接客のできる女の子」として重宝されるからです。出勤日数が増えればお給料も上がり、フリーにつけば本指名のチャンスにも繋がります。

2. 指名本数で稼ぐことができます

売り上げを伸ばす方法はお酒だけではありません。あなたに入った指名本数や延長料金など、売り上げとして加算される部分が多くあります。フリーのお客様の席に着いた時は、あなたのファンを作るような気持で接するようにしてみましょう。継続は力なりです!お酒が飲めない女の子は、指名本数で稼ぎましょう。

3. フェイクドリンク作戦

ほとんどのお店には「フェイクドリンク」というものがあります。フェイクドリンクの中にはアルコールが入っていないので、お酒が飲めなくてもドリンクバックで稼ぐことができます。お店によってフェイクドリンクの合図があるので、お酒が飲めない女の子は確認しておきましょう。

お酒が飲めないキャバ嬢が稼ぐ6つの方法

色んな方法があるわよ

キャバクラといえば、お客様と楽しくお酒を飲んで一緒の時間を過ごすというのが一般的なイメージかとおもいます。そうすると、お酒を飲めない女の子は稼ぐことができずキャバクラには向いていないという感じがしてしまいます。しかし、そのイメージを払拭する「お酒が飲めなくても稼げるキャバ嬢」が増えてきているんです。お酒が飲めない分、どのような方法で売り上げを稼いでいるのでしょうか。お酒が飲めないキャバ嬢が稼ぐ6つの方法をご紹介します。

1. お店側に事前に話しておく

大切なのがお店側にお酒が飲めないということを事前に話しておくことです。そうすると、ヘルプやフリーのお客様に付いた時にも、アルコールを抜いたお酒を用意してくれたりと配慮してくれるからです。自分から働きやすい環境を作っていくことが、稼げるキャバ嬢になるポイントです。

2. ヘルプの女の子と協力作戦

指名してくれたお客様がシャンパンなどの「保存のきかないお酒」を注文してくれた場合、お酒の強いヘルプの女の子をつけてもらうと良いでしょう。自分ばかり助けてもらっていては、見放されてしまいます。ヘルプについてくれた女の子には感謝の気持ちと、お酒を飲む以外の接客に協力できる部分で、テーブルを盛り上げたりするなどしてお返しするようにしましょう。

3. 飲ませ上手になる

お酒が飲めない女の子は、お客様がついついお酒が進んでしまうような雰囲気を作ることがポイントです。
数多くの指名数で稼ぐのも良いですが、トップを目指すにはどうしてもお酒の売り上げが必要になります。
自分が飲めない分、お客様に飲んでもらって楽しんでもらって、売り上げを伸ばしていきましょう。

4. 自分のファンを作る

キャバ嬢に一番必要なのは、自分のためにお金を使ってくれるお客様=ファンを多く作ることです。沢山のお金を使ってくれるお客様だけではなく、ワンタイムとハウスボトルで済ませるお客様も大切にしなくてはいけません。あなたのファンが多いほど売り上げが上がり、時給へと反映されていきます。

5. ソフトドリンク&フード作戦

お店によっては、フードメニューがある場合があります。お酒が飲めない女の子は、ソフトドリンクとフードで売り上げを作りましょう。フードはお客様とも楽しめるのでおすすめです。ソフトドリンクもお酒よりか単価が安いため、お客様のお財布にも優しいですよね。

6. 「もっと一緒にいたい!」と思う雰囲気作り

延長料金も女の子の売り上げになりますので、会話を弾ませてお客様に「もっと一緒にいたい!」と思わせる雰囲気を作るようにしましょう。延長料金も積み重ねれば大きな成果につながります。

飲まないと稼げないお店もあるので注意

お酒を飲まないと稼げないというお店もあります。入店する前に、お酒を飲めなくても働くことは可能かを事前に確認しておくようにしましょう。

1. お酒をよく飲むお客様が集まるお店

お酒を沢山飲んでワイワイと楽しむお店のコンセプトだと、お酒の飲めない女の子が働くのが大変かもしれません。お酒を飲まなくてはいけない状況になったり、飲まされてしまったことで次の接客に支障が出たりしてしまいます。お店のエリアによっては、飲み方の雰囲気、客層、価格帯など様々です。事前にお店の雰囲気や口コミを確認しておくと良いでしょう。

2. ドリンクノルマのあるお店

お店によっては、指名本数とは別にドリンクノルマがあるところもあります。月に○○万円分のボトルやシャンパンをお客様に出してもらえなかったら罰金というものです。お客様やヘルプの女の子に飲んでもらうというのも手段かもしれませんが、毎月そうゆうわけにもいきませんよね。まじめに働いても罰金を取られてしまっては稼ぎが減ってしまいます。面接を受ける際に、どのようなノルマが課せられるのかを聞いておきましょう。

3. お酒が飲めない=キャバ嬢に向いていないと判断するお店

丁寧な接客をしていても、お酒が飲めない女の子ということでキャバ嬢として向いていないと判断するお店もあるそうです。お店側の方針と自分自身の接客スタイルにミスマッチがあると、気持ちよく働くことができません。入店する前に、自分に合っているお店かを見極めるようにしましょう。

まとめ

今回は、飲めなくても稼げる理由と6つの方法、飲まないと稼げないお店ついてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?お客様は女の子と楽しいひと時を過ごすために、居酒屋よりも高い金額の飲食代を支払います。その金額以上に、女の子はお客様が満足する時間と空間を提供する必要があります。その接客を受け、お客様はリピートするかしないかを決めるのです。お酒を飲めなくても、お客様は一緒に居て楽しいと思えばお酒が進むし延長もします。お酒が飲めるからといって、売り上げに直結するわけではないのです。。あなたの心配りや心地よい雰囲気作りが、売り上げを左右するといっても過言ではありません。お店の中には、お酒が飲めないと稼げない仕組みや方針もあります。お店探しの際に雰囲気や口コミを確認したり、面接の際にお酒が飲めなくても働くことは可能かを聞くようにしましょう。ミスマッチが生じた状態で働くと、稼げないだけではなく仕事自体にやりがいを感じられないことが可能性としてあります。

今までお酒を飲めないという理由でキャバクラで働くのを躊躇していた女の子は、是非この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。売り上げが上がれば上がるほど、自分に返ってくるのでやりがいを感じること間違いなしです。今回お伝えした内容を押さえて、是非キャバ嬢デビューをしてみてくださいね。

トップページへ戻る