短期・単発バイトや副業に。キャバクラ派遣のメリットとデメリットとは

最近は稼げることだけでなく、働き方も条件に含めて高収入バイトを探す女性が増えてきました。そんななか、もっとも注目を集めているのが「キャバクラ派遣」というお仕事。なんかみんなやってるし、人気あるみたいだから私もはじめようかな~と考えているそこのあなた!キャバクラ派遣にはメリットもあればデメリットもあります。デメリットも含めて、本当にあなた自身が続けられるお仕事なのかを判断しましょう。

キャバクラ派遣とは?

顎に手を当てるロングヘアの女の子

そもそもキャバクラ派遣とは、一体どういった仕事なのでしょうか。
キャバクラはキャスト(キャバ嬢)の質も大事ですが、数も大切なのです。お客様が入店してもなかなか席にキャストが来ずに待たされる…そうなるとお客様のフラストレーションは溜まる一方ですよね。そのお店では満たされず、怒って帰ってしまったり二度と来店してもらえない、なんてことにもなりかねません。そういった不測の事態を無くすために、派遣キャバクラ嬢が活躍するのです。

キャバクラ派遣とは、派遣会社と契約しているキャバクラ店でキャストの数が不足している場合などに、派遣会社に登録しているキャストが派遣されます。派遣されたキャストは、派遣先のお店でキャバ嬢のお仕事をするという仕組みです。
でも、その仕組みだと派遣されない日もあるのでは?と思いますよね。ところが、キャバクラ店では様々なイベントや催し事があるため、常に人手不足と言っても過言ではありません。実際に派遣の依頼はほぼ毎日あり、登録女性が稼げないという事態は起きていません。

キャバクラ派遣で働くメリット

指を差すロングヘアの女の子

①短期・単発・スポットもOK

在籍キャストはシフト自由と言いつつも、出勤日数や勤務時間・期間が長い方が優遇されます。特に面接での採用可否にも左右されます。しかし、派遣の場合は働きたいときに働けるため、短時間でもスポットでもOK。短期だからといって採用されないことはありません。

②好きなときに働ける

前述①とほぼ同じですが、今月は1日だけ、来月は週3日など好きなときに働けます。夏休みや冬休みなど長期休暇だけ、テスト期間は働けないけどそれ以外は週2で入りたい、本業が休みの土日だけ働きたいなど、融通が利くのもキャバクラ派遣の魅力のひとつです。

③ノルマ・罰金が無い

派遣キャストには指名ノルマや罰金という制度がありません。お店に在籍しているわけではないので当然といえば当然。しかし、だからといって遅刻や欠勤が許されるわけではありません。理由によっては今後派遣先を紹介してもらえないケースも。

④同伴・アフターや営業活動が無い

こちらもお店に在籍しない派遣キャストのためありません。実は多くのキャバ嬢が一番手間がかかると感じているのが営業活動。勤務前だろうが休みの日だろうが関係なく、お客様に営業メールをしないといけないのです。これは指名ノルマが大きく関わっているから。派遣キャストはそういった煩わしい制度がまったくないため、気楽に働くことができるのです。

⑤時給が高い・安定して稼げる

在籍キャストの場合、入店後はしばらく試用期間として時給1,500~2,000円なんてこともあります。しかしキャバクラ派遣なら平均時給3,000~5,000円と高時給!そのため日給3万円以上が可能なのです。ノルマや罰金がなく毎回確実にお給料がもらえるため、安定した稼ぎを得られます。

⑥人間関係に悩まなくて済む

キャバクラバイトでよく見聞きするのが、キャスト間のいざこざ(派閥やいじめなど)ではないでしょうか。人間関係はモチベーションにも関わりますし、結構大切なことですよね。しかし派遣キャストはそのお店にその日だけ出勤するため、こういったいざこざに巻き込まれる心配がありません。

キャバクラ派遣で働くデメリット

泣きそうなロングヘアの女の子

①毎回働く環境が変わり戸惑う

在籍キャストと違い、キャバクラ派遣はほぼ毎回勤務先が変わります。環境が違うことで新鮮さは感じられますが、キャバクラ店でありがちなお店の独自ルールや暗黙のルールに毎回戸惑うことも少なくありません。

②仲のいいキャストがいない

お友だちと一緒に派遣登録していても、毎回同じお店に派遣されるとは限りません。派遣先で在籍キャバ嬢同士が仲良く話をしているなか、自分だけ一人という可能性もあります。その日限りのドライな関係が楽という人は気楽に働けますが、常に仲のいいキャストがいないため寂しいと感じる人も。

③時給の大幅アップは期待できない

在籍キャストのように指名を獲得してナンバー入りを果たし、指名バックがUP!トップクラスのキャバ嬢ともなればバック率が一気に跳ね上がります。派遣キャストは営業活動をしなくていい反面、そうしたナンバー入りがなく指名バックや時給の大幅アップなどは期待できません。

④バックがないお店もある

ドリンクバックがあるお店もありますが、バックがつかないお店もあります。その場合、稼ぎは完全に時給のみになってしまいます。絶対にバックがあるお店が良い!という方は、派遣前に希望を伝えておきましょう。(※ご希望に添えない場合もあります)

⑤ヘルプ・フリー接客がメイン

派遣キャストの場合、在籍キャストのように指名をもらうことがなく、ヘルプ接客やフリーのお客様への接客がメインになります。気楽に働けますが、指名数などの明確な目標がないため、やりがいや自信を感じられなくなるケースも。

最後に

ソファに座ったロングヘアで赤いスカートの女の子

キャバクラ派遣のメリットとデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。
多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。ご希望の働き方・条件によっても感じ方は異なるでしょう。キャバクラを本職にと考えている女性にとっては、キャバクラ派遣では少し物足りないかもしれません。
しかしキャバクラ派遣は、大きなストレスになりやすい人間関係や営業活動がなく、安定した稼ぎを得やすいのが最大の魅力。学校帰りの女性大生、お仕事帰りのOL、フリーター、主婦など、さまざまな女性がキャバ派遣に登録しています。気軽にお小遣い稼ぎをしたい、副業として気楽に副収入を得たいとお考えの女性におすすめの働き方です。

トップページへ戻る